大館市観光協会から     お知らせ



<お知らせ>
大館市観光案内所
レンタルサイクル
4月1日より再開いたします。!


大館市ツイッター
http://twitter.com/odate_city

大館の「今」
秋田ふるさとLive

プロフィール

大館市観光協会

Author:大館市観光協会
秋田県にある
『大館市観光案内所』です。
大館の「今」を、みなさまにお届けします!

公式サイト どだすか大館
http://www.dodasuka.com/

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

いらっしゃいませ

リンク

最新記事

最新記事

最新記事

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小坂町探訪part2

IMG_5256.jpg


(´・ω・)ノ" おはようございます
今回の記事は予告していました、小坂町探訪パート2になります。

鉱山の町として栄えた小坂町には歴史のある芝居小屋がありました。
それが「康楽館」です。明治43年に建造されてから100年以上
歌舞伎や新劇、映画などを盛んに上演、上映し、来館された皆様を楽
しませてきましたその後、建物の老朽化やカラーテレビなどの普及
により、昭和45年に一般の興行は中止され、ほとんど使用されること
がなくなってしまったそうです

しかし、小坂町にとって欠かすことの出来ない存在であった康楽館。町
の人たちの「復活させたい」という熱い思いを受け昭和61に日本最古の
和洋折衷の芝居小屋として見事に蘇りました現代でも数多くの公演
を取り行っており昔と変わらず来館させた皆様を楽しませています。

IMG_5264.jpg

IMG_5272.jpg

IMG_5276.jpg

IMG_5280.jpg

IMG_5284.jpg

IMG_5286.jpg

今回は舞台裏にも見学させて頂きました。切穴(すっぽん)と呼ばれ
る舞台装置や回り舞台の奈落(床下)にあるろくろ仕掛けなどです。
役者さんたちの力だけではなく、縁の下の力持ちである裏方さんたち
の存在の大きさを感じることが出来ます楽屋にもお邪魔し、康楽館
の舞台を踏んだ役者さん達の落書きやサインをご覧になることも出来
ます。上演中は見学することは出来ませんが、タイミングが良ければ
びっくりするようなことを発見することが出来るかもしれませんよ

○小坂町 康楽館(秋田県鹿角郡小坂町小坂鉱山字松ノ下2番地)
電話番号:0186-29-3732
開館時間:午前9時~午後5時
休館日  :年末年始
観覧料  :【常打芝居と施設見学】
       大人(高校生以上)→2,100円 小人(小・中学生)→1,050円
       修学旅行→840円
       ※特別席(座椅子、ドリンク付)はプラス500円増しとなります。
       ※15名以上の団体様ですと割引料金になります。
       【施設見学のみ】
       大人(高校生以上)→600円 小人(小・中学生)→330円 修学旅行→270円
       ※15名以上の団体様ですと割引料金になります。

IMG_5248.jpg


続いては赤煉瓦倶楽部です。もともとは、機械器具を製作する工場で
あった「鍛冶製罐場」に電気を供給する配電所で、小坂鉱山内の工場
施設に多く使われていた「木造煉瓦造」の建物として大変貴重な建築
物です今では、喫茶室として地域の方や観光で訪れた方の憩いの
場となっており、お手軽なモーニング・ランチメニューからアルコール
類も販売しております。屋外にも飲食スペースがあり、明治百年通り
の景色をみながらのゆったりとしたひと時を味わうこともできます

IMG_5240.jpg

IMG_5246.jpg

○赤煉瓦倶楽部(秋田県鹿角郡小坂町小坂鉱山字古舘34-5)
電話番号:0186-25-8225
営業時間:午前9時~午後6時
営業期間:4月下旬~11月下旬


小坂町に訪れた時には是非立寄ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーサイト

コメント

赤煉瓦倶楽部

ブログ拝見し早速行って来ました。立派な観光資源として活用されてました。現場でいとこ夫婦に会い見学していたら、驚いたことに関係上司の方が見えられ、詳細に説明をいただき恐縮して参りました。「おもてなし」とはこんなことなのですね。
ある資源を活用するのか、出来ないのかは大きな差になりますね。

カメハメハ様

いつもブログを閲覧、コメントのほう書いて頂きありがとうございます。

ある資源を活用するだけではなく、その先の対応を町全体で考えているからこそ、観光地として成り立っているのだと思います。大館市の良さを外部から来られた方にどう伝えていくか。案内人として常に意識しながら対応していきたいと思います。

引き続きタイムリーな記事や大館だげではなく自身が観光地に行って感じたことなどを伝えていけるよう励んでいきますので、今後ともよろしくお願いします。

大館市観光協会 ブログ担当者

コメントに感謝してます

大館の観光情報を気にする一高齢者です。開設当初からのファンとして毎回楽しみにしている一人です。首都圏中心にいる兄弟・友人・知人・親戚にも伝えており楽しんでいるようです。感謝です。タイムリーな情報を期待しております。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dodasuka.blog133.fc2.com/tb.php/1249-71a7dd9b

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。