FC2ブログ

大館市観光協会から     お知らせ



<お知らせ>
大館市観光案内所
レンタルサイクル
4月1日より再開いたします。!


大館市ツイッター
http://twitter.com/odate_city

大館の「今」
秋田ふるさとLive

プロフィール

大館市観光協会

Author:大館市観光協会
秋田県にある
『大館市観光案内所』です。
大館の「今」を、みなさまにお届けします!

公式サイト どだすか大館
http://www.dodasuka.com/

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

いらっしゃいませ

リンク

最新記事

最新記事

最新記事

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

おひなさま展 ~ 大館郷土博物館

こんにちは

急激に進んだように見えた雪解け・・・・・・・・

でも、やっぱり・・・・・そうは簡単に ” 春 ” は来ないよねぇ・・・・・

と改めてしみじみ思う今日この頃です。


おひなさま!?

えっッ・・・・・・・・・・・・ まだ、2月なのに・・・・・

と思われるかもしれませんが・・・・・・・・


雛人形を飾る時期としては立春から2月中旬にかけてがベストなんだそうです♪

遅くとも雛祭りの1週間前までには飾っておくのが○・・・・・・・


ということで・・・・・・・・・・

おひなさま1

” おひなさま展 ” が 大館市郷土博物館にて開催されます♪


会場の大館郷土博物館

おひなさま2

この ” おひなさま展 ” 規模がだんだん大きくなってきたそうなんですが

平成8年 大館郷土博物館の会館以来続けられています。


” 雛祭り ” といえば女の子のすこやかな成長を祈る

節句の年中行事として知られていますよね♪

「 男雛 」 と 「 女雛 」 を中心とする人形を飾り、桃の花を飾って

白酒などの飲食を楽しむ節句祭り。

本来 「 内裏雛 」 とは 

雛人形の 「 男雛 」 と 「 女雛 」 の一対を指すんだそうですが

男雛を 「 お内裏様 」 、女雛を 「 お雛様 」 と呼ぶのは、

童謡  ” うれしいひなまつり ” の歌詞から一般化してしまったんだとか・・・


おひなさま展の会場に入ると直ぐ雛人形が迎えてくれます♪

この広い会場にお雛様がたくさん・・・・♪   もちろん、奥にも右にも左にも飾られています。

おひなさま3


古来、宮中では南に向かった時、東が上座となり

天皇はこちらから向かって右側に座られたそうです。

昭和天皇即位の際、西洋式に左側に座られたので、それ以降のお雛様の位置は

向かって左側に男雛、右側に女雛が飾られるようになったんだそうですよ♪

ただなんとなく左側は男雛・・・・とかって思ってたんですけど・・・・・

知りませんでした・・・

京都や西日本などでは、伝統を重んじ、現在でも向かって右側に男雛

左側に女雛を飾るんだそうです。

でも・・最終的には・・・人形の配置に特別な決まりごとはないそうです。


こちらは・・・・幸町にある 「 料亭 北秋くらぶ 」 に飾られていたお雛様


おひなさま4

最上段の内裏雛は慶応元年(1865年)江戸で作られたんだそうです。

かつて ” 北秋くらぶ ” のお座敷には、このお雛様を見に

多くの人が訪れたんだそうですよ。     歴史を感じますね♪


そして、こちらは  ” 押絵雛 ”

おひなさま5

かつて、豊かな家庭で作られたという ” 押絵雛 ”

大館で見つかっている押絵のうち最も古いものは

慶応2年(1866年)のものなんだそうです。


押絵を作ったことがあるんですけど、下絵を描いて・・・型紙を作って・・・

綿を張って(詰めて)・・・・ などなど 結構手間のかかる作業なんですよ♪

その分 布を張って少しずつ色・形がはっきりし出してくると・・・・

作る喜びが絶頂に達します


おひなさま7

大館市内の小松原さんのお宅から昨年、一昨年と合わせて

119枚の押絵用の下絵が見つかり、そちらも展示されています。

すごいですよねぇ・・・・・・正に ” 歴史 ”

 
当時は、どんな気持ちで作っていたんでしょう・・・・・・・


10㎝位の ” 木目込みミニ雛 ”

おひなさま6


母から娘へと何代にもわたり伝えられる ” 雛人形 ”

雛段の前で撮影されている家族の写真や女の子の写真も展示されていて

” 雛人形 ” は ” 家族の歴史 ” って感じました♪

小さい頃、祖母が、大きいのは買えないけど・・・・と

お菓子の入ったお雛様の人形を買ってくれたのを思い出します。


しまうタイミングとしては・・・・・2週間を目安に、新暦なら3月中旬位まで

旧暦なら4月中旬位までの 「 天気の良い日 」 が良いんだそうですよ。

天気が良い日がおすすめなのは湿度が低いから・・・



おひなさま展

2月10日(木) ~ 3月21日(月) まで

入館料 : 大人 300円   高大生 : 200円

小中生 : 100円 (大館市内の小中生は無料)


大館郷土博物館

大館市釈迦内字獅子ヶ森1  電話 : 0186-48-2119

午前9時 ~ 午後4時30分  月曜日休館(祝日開館)


ちっちゃな女の子だったんだなぁ・・・・って思いおこさせてくれます。

そして、今 ちっちゃな女の子には この 歴史ある  ” お雛さま ” 

を 見て何かを感じてもらいたいです♪


そして・・・・・3月6日には  おひなさま茶会 が開催されます。

午前10時~午後3時   お問い合わせは 大館市郷土博物館まで



2月12日 13日は 大館アメッコ市が開催されます。

「 アメッコ市 」 に  映画 「 ハナばあちゃん!! ~わたしのヤマのカミサマ~ 」 ・・・・

そして 「 おひなさま展 」 

いろんなこと満載の大館へ ぜひ お越しください。

心よりお待ちしております♪




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dodasuka.blog133.fc2.com/tb.php/279-595f97f3

 ホーム